こもれびガーデンへようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ガーデンライフ

gardening 庭の植物達の紹介です。

 もう植えるスペースがないないと言いながら、狭い庭に所狭しと植えてしまった樹々たち。家にいながら季節の移り変わりを感じる事ができればいいな。

 生長すると大木になる木が多いです。大木は安心感と癒しを与えてくれます。幸い家の敷地にはどの家も接しておらず、上には電線も通ってないので、狭い庭には大木のように足元のすっきりした木が向いてると思います。低木の方がかえって場所をとってしまう場合があります。大木に生長したらその時どうにでもできるように、強剪定に耐えられるものを選びました。冬には北西の海の方から季節風が吹くので、強風対策が必要です。

 花の咲く木は綺麗ですが、病害虫に弱く管理が大変で、花以外の季節はあまりよくないものが多いように思います。カラーリーフプランツといって、爽やかな明るい葉の色を長期間楽しめる植物を好んで植えてます。いろいろ枯らしたりもしましたが、長い目で見ると、結局ローメンテの植物が残ってしまいました。どうせ手間をかけて花を楽しむなら、バラが最も適してるかと思います。

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

音楽

violin 2007年4月からヴァイオリン入門講座を受講しています。現在鈴木メソッドのテキストの2冊目です。弓をまっすぐに弦に当てる、基本中の基本ですが、これがなかなか難しいです。ヴィブラートが少しできるようになったので、またヴァイオリンの楽しみが増した気がします。私のヴァイオリンは、"Valente/VN-60"です。一つの節目として、2008年1月に講習生でヴァイオリンの合奏会がありました。

 しかしながら、こころざし半ばにして、頸椎椎間板ヘルニアという病魔に見舞われてしまったのです。ヴァイオリンは顎の下に挟んで固定するので、これが致命傷とも言えるのです。リハビリのため、少しの間ヴァイオリンから遠ざかっていました。病気とうまく付き合いながらボチボチやっていくしかないですね。チェロだったら頸の負担はなさそうですが、やはりチェロより小さいヴァイオリンの手軽さに魅力を感じます。
PageTop

競馬予想

keiba それまで競馬なんかと全く縁がなかった。マックイーンとオグリの名前をかろうじて知っていたくらいかな。1995年の天皇賞(秋)。人から勧められて初めて馬券を買った。「去年ブライアンがクラシック3冠馬になったんだよ。毎回2着との差が広がってぶっちぎり。3冠をとるって並大抵のことではないんですよ~。あなたは理系だから血統とか科学的に考えるのに向いてますよ。」ってその人は言う。科学的かどうかはともかくとして、以来続いている競馬予想。当時は天皇賞が秋GⅠの初戦で、サクラチトセオーが勝ったのですが、馬連1点買いだったので外れました。
 続く菊花賞で、クラシック初出走のマヤノトップガンが上り調子の3番人気で、単勝を買ったところ当たったので、これが私の初勝利となりました。トップガンが来なかったら以後の私の競馬人生は絶たれたかも知れません。
 エリザベス女王杯でも10番人気サクラキャンドルの単勝が高配当で当たりました。暮れの有馬記念でもまだフロック視(まぐれの意)されていたトップガンを当てました。後に日本競馬界を席捲することになる、サンデーサイレンス産駒活躍の幕開けの頃でもありました。
 こうして順調に味をしめたビギナーズラックが、翌年以降も続く・・・はずもなかったことは言うまでもありません。サラブレッドは生き物なので、他のレースにはない面白さがあります。
 私自信は血統は一流ではありませんが、デビュー以来中央競馬GⅠ芝コースを主戦場としていて、適正距離は短距離から長距離まで一応対応できます。最近の得意コースは京都競馬場のようです。良馬場で予想したいものです。
 当初は単勝1000円で買っていましたが、間もなく1レース当たり手持ち1200円で、そのレースの色に合わせてワイドで買ったり、3連複で買ったりするようになりました。1200円というのは3頭や4頭買い、あるいは流しやボックス買いする時に割りのいい便利がいい金額なので、この金額が定着しました。この独特のスタイルは今でも崩していません。小額で楽しく予想というのが、競馬専用口座残高が少なくなってきても、長続きする秘訣かも知れません。
 小倉競馬場開催中は競馬場まで足を伸ばすこともあります。なるべく外で観戦したいのですが、真夏と真冬なので、ちょっと気合が要りますが・・・。
 思い出の馬にマヤノトップガン、サイレンススズカ、グラスワンダー、エルコンドルパサー、タイキシャトル、キングカメハメハなど。

PageTop

ウインドサーフィン

windsurfing 2000年に友人から誘われて、福間海岸の由緒あるショップ”シーガルイン”で講習を受け、以来ウインドサーフィン(WSF)の魅力にとりつかれました。
 泳げないのですが、もともと海が好きなので、夏以外の季節でも海を楽しめるように、ダイビングをやってた頃もありますが、今ひとつピンとくるものがありませんでした。でもWSFは自然の力を利用して、自然の真っ只中でマイペースで体を動かせるという点で、「これだ!」と思わせるものがありました。
 でもさすがに寒いのはあまり得意ではないので、冬場は足が遠のいたり、結婚して海のない山口市へ転勤になったりで、しばらくWSFをやめていた頃もありました。そして子供が習い事に行き始めたことに触発されて、またWSFをやってみようかと思いました。だから限りなく初心者に近いです。
 福間海岸は海岸が西北西向きのやや湾になった地形で、波も穏やかで、1年を通して比較的安定した風が吹くと言われています。いい風が吹くとどこからともなくウインドサーファーが俄かに集まってきます。朝から吹いてなくても、海好きの人たちは読書したり談話したりしながらずっと風が吹くのを気長に待っています。
 私が主に使用している道具はFanaticの144Lのボードと6.5平米のセイルをセットで買ったものです。RRDの105L Free Style Wave ボードと、Arrowsの5.0平米 Impactのセイルもありますが、海の条件と自分のレベルから、ほとんど出番がないのが現状です。
 当面の課題は安定したプレーニング(あるスピードに達すると急に海面との摩擦抵抗がなくなり、海面を滑走すること)、ジャイブ(風しも回りのターン)、ウォータースタート(海で沈しても、ヒモでマストを引っ張り上げるのではなく、上手く風を利用してセイルを浮き上がらせ、海から這い上がること)ができるようになる事です。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。